ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

別ウィンドウで開きます

愛西市では新型コロナウイルスワクチン接種を推奨しています

新型コロナウイルスワクチン接種の推奨

愛西市では13歳以上の方への接種券の発送を8月12日付で完了しています。

12歳の対象者への接種券発送は、土曜日から金曜日の間に誕生日が訪れた方の分を、毎週金曜日にまとめて発送をいたします。

接種券がお手元に届いた方はご予約が可能ですので、接種を希望される方は、お早めにご予約ください。また、ファイザー社製コロナウイルスワクチンは2回接種が必要とされています。2回目接種を希望される方につきましても接種のご予約を行ってください。

ワクチン接種は強制ではなく任意でありますが、国からも接種を推奨するよう喚起されており、できるだけ早急に希望者の接種を終わらせるよう進められております。

年齢が低くなるにつれ接種率が低下しており、10代、20代、30代の接種率が特に低い傾向にあります。ワクチン接種についての主な悩みや不安、疑問に関するQ&Aを厚生労働省が掲載しています。接種を悩まれている方は一度ご確認いただき、ワクチン接種の参考にしてください。

新型コロナワクチンQ&A(別ウインドウで開く)

愛知県大村知事からも若者のみなさんへ向けたメッセージ動画があります。(別ウインドウで開く)

(動画)新型コロナワクチンを知ろう~医師が若者の不安や疑問にお答えします~(別ウインドウで開く)

周知チラシ

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

妊婦の方のワクチン接種について

愛知県では、妊婦はコロナウイルスに感染すると重症化のリスクが高いとされているとして、妊娠中の時期を問わずワクチンを接種することを勧めているほか、妊婦が感染する場合の多数が夫又はパートナーからの感染だとして、妊婦に関わる方への接種も勧めており、愛西市においても積極的な接種を推奨いたしております。

また、接種をご検討されている妊婦の方々へ向けて、下記案内リーフレットもございます。

愛西市は予約枠に余裕がある会場もありますので、是非、お早目のワクチン接種をご検討ください。

※妊婦の方がワクチンを接種される際は、あらかじめかかりつけ医に接種の相談をして、了承を得てからご予約をお願いいたします。

妊婦の方々へ(案内リーフレット)

ワクチン接種後の日常生活について

ワクチンを接種することで、新型コロナウイルス感染症の発症を予防することはできますが、感染させてしまう恐れは依然としてあります。引き続き効果的な感染予防対策を組み合わせることで、可能な限りご自身や周りの方を守っていただくようお願いします。 具体的には、「密集・密接・密閉」の回避、マスクの着用、石けんによる手洗いや手指消毒用アルコールによる消毒の励行などをお願いします。

ワクチン接種対象者

ワクチン接種時において12歳以上の者

※15歳以下の方は接種時に保護者の同伴が必要です。

ワクチン接種回数

2回接種です。

ワクチン接種を受ける際の費用

ワクチン接種は無料です。予約金などは一切かかりません。

ワクチン接種に関して、金銭を騙し取ろうとする詐欺電話が愛西市でも発生しています。

不審な電話にはご注意ください。

ワクチン接種が受けられる場所

原則として、住民票所在地の市町村(住所地)の医療機関や接種会場でワクチン接種を受けていただきます。

愛西市では、市公共施設を会場とする「集団接種」または医療機関で行う「個別接種」の2つの方式で実施します。現時点では、次の会場での接種を行っています。

集団接種会場
地区   会場名称 会場住所 
佐屋 佐屋保健センター 稲葉町米野225番地1
佐織 佐織総合福祉センター 小津町観音堂27番地
個別接種会場
地区 会場名称    会場住所 
 佐屋 角鹿医院須依町庄屋敷76番地1
 立田 谷本医院戸倉町中屋敷6 番地
 八開 愛西市国民健康保険八開診療所江西町宮西43番地
 佐織 加藤クリニック草平町草場115番地2

次のような事情のある方は、住所地以外でワクチン接種を受けていただくことができます。

(1)入院・入所中の住所地以外の医療機関や施設でワクチン接種を受ける方
(2)基礎疾患で治療中の医療機関でワクチン接種を受ける方
(3)お住まいが住所地と異なる方


ワクチン接種を受けるための手続き

次のような方法でワクチン接種を受けることになります。

(1)市から届いた各種ご案内を確認し、「接種券」をご用意ください。

(2) ご自身の接種可能な時期が来たことをご確認ください。

※愛西市ではファイザー社製ワクチンのみを使用しています。2回目の接種について、通常は3週間の間隔をおいて2回目の接種をすることができ、最短で19日間隔があれば接種可能です。遅くても4週間以内の接種が推奨されています。

(3) ワクチン接種を受けることができる医療機関や接種会場をお探しください。

(4) 電話やインターネットで予約をしてください。


【電話予約の場合はこちら】

 【愛西市予約専用コールセンター ☎0120-131-501】

※電話予約なら、枠が開いていれば直近の予約も取ることが可能です。お気軽にご相談ください。

※コールセンターは10月29日をもって終了いたします。


【インターネット予約の場合はこちら】

 【愛西市ワクチン接種予約サイト】(別ウインドウで開く)

※インターネットによるご予約は、個別接種は閲覧した日から10日後以降の、集団接種は閲覧した日から5日後以降の空き枠を予約することができます。

※インターネット予約サイトは10月31日をもって終了いたします。


(5)予約した日に、市から届いた接種券などの封入物全てを持参して会場で接種を受けてください。

同封の「予診票」は接種ごとに1部使用しますので、あらかじめご記入をお願いいたします。

なお、接種費用は全額公費(無料)です。


***************************************************

11月から予約方法が変更になります。詳細は下記リンクよりご確認ください。

https://www.city.aisai.lg.jp/contents_detail.php?co=new&frmId=13710

***************************************************


ワクチン接種を受けた後に副反応が起きた場合の健康被害救済制度

一般的に、ワクチン接種では、副反応による健康被害(病気になったり、障害が残ったりすること)は極めて稀ですが、避けることができないことから救済制度が設けられております。
救済制度では、接種により健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になったり、障害が残ったりした場合に予防接種法に基づく救済(医療費、障害年金等の給付)が受けられます。

 副反応への救済制度について(別ウインドウで開く)

新型コロナウイルスワクチン接種に関する「厚生労働省電話相談窓口(コールセンター)」

ワクチン接種について、厚生労働省が電話相談窓口(コールセンター)を開設しています。

【電話番号】 0120-761-770(フリーダイヤル)

【受付時間】 9:00~21:00(土日祝含む。) 

なお、ワクチン接種以外の新型コロナウイルス感染症に関する厚生労働省の電話相談窓口は、次のとおりです。

【電話番号】 0120-565-653(フリーダイヤル)

【受付時間】 日本語・英語・中国語・韓国語・ポルトガル語・スペイン語 

       9:00~21:00(土日祝含む。)

       タイ語 

       9:00~18:00(土日祝含む。)

       ベドナム語 

       10:00~19:00(土日祝含む。)

お問い合わせ

愛西市役所 健康子ども部 健康推進課 新型コロナウイルスワクチン接種推進室
お問い合わせ
E-mail: coronawakutin@city.aisai.lg.jp
新着情報

お問い合わせ

愛西市役所 健康子ども部 健康推進課 新型コロナウイルスワクチン接種推進室
お問い合わせ
E-mail: coronawakutin@city.aisai.lg.jp